所得税はどのように変わるのですか?

税源移譲の実施で所得税はどのように変わるのですか?

平成19年に所得税(国税)から住民税(地方税)への
税源移譲(税金の移し替え)が実施されることで、
多くの人が19年分の所得税は減り、
平成19年度分の住民税は増えることになります。

 

具体的には、所得税については、
平成19年1月以降の源泉徴収と平成20年2月〜3月の確定申告から、
住民税については、
平成19年6月以降に納付するものからとなります。

 

ただし、あくまでも所得税の減少分が
住民税の増加分になるだけであって、
所得税と住民税を合わせた納税額に
変更はありませんので注意してください。

定率減税の廃止で所得税はどのように変わるのですか?

定率減税が廃止されましたので、
所得税では、
平成19年分から納税額が増えることになります。

 

また、住民税では平成19年度分から納税額が増えます。

 

定率減税というのは、
平成11年度に臨時の景気対策として導入されたものなので、
景気が回復すれば廃止される性格のものでした。

 

しかしながら、今年度の廃止については、
景気の回復については微妙なところがありますし、
一般家計にとっては実質増税ですので、
賛否両論のあるところです。

 

【スポンサーリンク】