電子申告に関しては?

コンビニで国税を納付することができるようになるそうですが…

国税の納付手段を多様化し、
納税者が納税しやすくするため、

 

平成20年1月4日から
国税庁が指定したコンビニエンスストアに
国税の納付を委託することができるようになりました。

 

また、この国税の納付には
バーコード付納付書が必要になるのですが、
これは納付金額が30万円以下で、
以下のような場合に税務署で発行されます。

■納税者から納付書の発行の依頼があった場合(全税目)
■確定した税額を期限前に通知する場合(所得税の予定納税等)
■督促・催告を行う場合(全税目)
■賦課課税方式による場合(各種加算税)

 

【スポンサーリンク】

電子申告を利用すると5,000円の税額控除が受けられるそうですが…

行政手続のオンライン利用を促進するため、
電子申告によって所得税の確定申告書を提出する際に、
本人の電子署名と電子証明書を併せて送信すると、
5,000円の税額控除が受けられるようになりました。

 

具体的には次のようになっています。

■対象者
電子申告によって、
平成19年分または平成20年分の所得税の確定申告書を
各年の翌年3月15日までに提出する際、
併せて本人の電子署名と電子証明書とを送信した人

 

■控除額
その年分の所得税額を限度に5,000円です。

 

■適用年分
平成19年分か平成20年分のどちらかです。

 

よって、平成19年分に本税額控除の適用を受けた人は、
平成20年分では適用を受けることはできませんので
注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】