特定公益増進法人等と認定NPO法人への優遇措置

特定公益増進法人等への寄附金の優遇措置

特定公益増進法人等への寄附を行いやすくするために、
特定公益増進法人等に対する寄附金の
優遇措置が拡充されています。

 

具体的には、法人が特定公益増進法人等に寄附を行った場合の
寄附金の損金算入限度額が拡大されています。

⇒ 損金算入限度額=(資本金等の額×0.25%+所得の金額×5.0%※)×1/2

 

※改正前は2.5%でした。

なお、特定公益増進法人等への寄附金の優遇措置は、
平成20年4月1日からの適用となります。

認定NPO法人の認定要件の緩和

NPO法人の活動を支援するため、
認定NPO法人の認定要件を緩和するとともに、
認定の有効期間が5年※に延長されています。

 

ちなみに、認定NPO法人に対する寄附金については、
特定公益増進法人等への寄附金と同じように、
税制上の優遇措置の対象になります。

 

※改正前は2年でした。

 

【スポンサーリンク】