相続時精算課税制度・登録免許税の特例延長

相続時精算課税制度の特例の延長

若年層を中心とした住宅取得を促進するため、
住宅取得等資金に係る相続時精算課税制度の特例が
延長されました。

 

具体的には、
贈与者(親)から一定の要件を満たした住宅の
新築、取得または増改築に充てるための
資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税制度の特例が、
平成21年12月31日まで2年間延長されました。

登録免許税の特例の延長

土地取引の活性化や土地の有効利用の促進を図るため、
土地売買等に係る登録免許税の特例が延長されました。

 

具体的には、
土地売買等に係る登録免許税の軽減措置について、
税率の見直しを行ったうえで、
適用期限が平成23年3月31日まで3年間延長されました。