長期優良住宅の新築に係る税額控除

長期優良住宅の新築に係る税額控除

長期優良住宅というのは、
いわゆる200年住宅のことですが、

 

これを新築した場合には、
その標準的なかかり増し費用の10%を
その年分の所得税額から控除できるようになります。

 

ただし、最大控除可能額は100万円で、
その年分の所得税額から控除しきれない場合は、
翌年分の所得税額から控除可能です。

適用期限は?

長期優良住宅の普及の促進に関する法律の
施行日から平成23年12月31日までです。

標準的なかかり増し費用相当額の算定方法は?

次のように算定します。

標準的なかかり増し費用相当額※
=1u当たりの標準的なかかり増し費用(単価)×住宅の床面積(u)

 

※1,000万円が限度です。

 

【スポンサーリンク】