外国子会社配当益金不算入制度の導入

外国子会社配当益金不算入制度の導入

間接外国税額控除制度を、
所要の経過措置等を講じた上で廃止することにし、
内国法人が外国子会社から受ける配当等の額について、

 

その内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上、
益金の額に算入しないこととする制度が導入されました。

この制度の対象になるのは?

対象となる外国子会社は、
内国法人の持株割合が25%以上等の要件を備えている
外国法人になります。

 

なお、外国子会社から受け取る配当の額から一定額を、
その配当に係る費用として控除します。