相続税の障害者控除の見直しとは?

どのような見直しが行われたのですか?

相続税の障害者控除について、
平均寿命の伸長を踏まえて、次の見直しが行われました。

障害者控除の額=6万円(特別障害者の場合は12万円)×85歳※に達するまでの年数

 

なお、これは、平成22年4月1日以後の
相続又は遺贈に係る相続税について適用されます。

 

※改正前は70歳でした。