自動車重量税の改正は?

どのように改正されたのですか?

自動車重量税については、
車体の環境負荷に応じた複数税率を設定することによって、
税負担の軽減が行われます。

 

具体的には次のようになります。

■次世代自動車(電気自動車、ハイブリッド車等)には、
本則税率が適用されます。

 

⇒ ただし、平成24年4月末までは、エコカー減税による免税対象です。

 

■次世代自動車以外のガソリン自家用乗用車については、
重量当たりのCO2排出量が次世代自動車の倍程度であることを踏まえて、
本則税率の2倍の税率が適用されます。

 

■軽自動車、大型車、営業車等については、
ガソリン自家用乗用車に係る現行税率からの引き下げ割合と
同程度まで税率が引き下げられます。

 

■経年者(18年超)については、環境への負荷を考慮して、
従前の負担水準(暫定税率の水準)が維持されます。

 

■いわゆる「エコカー減税」(平成24年4月末まで)については維持されます。

 

⇒ 軽減の対象となる税率が引き下がることに伴い負担減。

 

なお、この改正は、平成22年4月1日から適用されます。

 

【スポンサーリンク】